岡山大学工学部数理データサイエンスコース

現象数理科学

気象現象や感染症の流行など、自然や社会に現れる様々な現象をテーマとして、数学を用いた数理モデリング、計算機による数値シミュレーション、数値解析や可視化の手法の開発やデータ科学など、現象を理解するための数理科学に関する教育と研究を行います。

 

生物モデルの数理解析

生物の個体数が変化していく様子や、集団において感染症が広がる様子を記述する数理モデルを、数学を用いて解析します。

 

 

現象の数理モデリングと基礎方程式の理解

自然現象を記述する数理モデルの考案や基礎方程式に対する多角的な考察を通して、自然現象の数理科学的理解を目指します。

 

 

乱流現象解明のための計算・数理データ科学

スーパーコンピュータを用いた数値シミュレーションと数理データ科学の手法と可視化を駆使して、乱流現象の解明を目指します。

 

 

乱流現象解明ためのデータ駆動科学計算

複雑現象の解明、予測、制御のためには数値計算やデータ駆動型アプローチが必要不可欠です。最新の数値シミュレーションや機械学習の手法を用いて、古くて新しい乱流を研究しています。

 

PAGE TOP