// 応用数理学および数理データ活用学 │ 岡山大学工学部 数理データサイエンスコース

岡山大学工学部数理データサイエンスコース

応用数理学および数理データ活用学

数理データサイエンスの基礎となる数学の理論と応用についての研究を行っています。応用数理学では、解析学や確率論が自然現象解析の基礎となり、代数学が概念の 抽象化と広い分野への応用に役立ちます。数理データ活用学では数理的手法を用いたデータ活用(価値創出)の基盤構築と 計算機を用いた解析を行います。

 

形を定量化する位相的データ解析

数学のトポロジーを使って形の情報を定量化するデータ解析手法「位相的データ解析」について数学理論、ソフトウェア開発、応用まで研究しています。

 

 

代数的な計算手法の応用研究

統計学などに現れる諸問題について、代数的な計算手法の理論展開、新手法の開発と応用、教育を行っています。

 

 

応用データ解析学

解析的整数論、確率過程概論等の理論を用いて畳み込みニューラルネットワークをはじめとする機械学習への応用を研究しています。

 

 

生物モデルの数理解析

生物の個体数が変化していく様子や、集団において感染症が広がる様子を記述する数理モデルを、数学を用いて解析します。

 

PAGE TOP