岡山大学工学部数理データサイエンスコース

入学案内

入試情報

入学試験の日程、要項等については、こちらをご覧下さい。

教育・研究理念

情報・電気・数理データサイエンス系アドミッション・ポリシー (抜粋)

教育内容・特色

情報・電気・数理データサイエンス系では,工学部の方針に準じ,人間,社会,環境等のいずれにも配慮し,地球環境問題はもとより社会的課題をも解決し持続可能な社会を実現するため,情報通信 技術,エネルギー技術,データ分析・活用技術などの基礎研究と応用研究に邁進する人材の養成を目指しています。以下で述べる特長ある教育プログラムを通じ,これらの先端技術を国内外及び地域に 還元できる高度専門技術者及び研究者を養成します。

1・2年次には,工学部共通の専門基礎科目に加え,情報知能工学,通信ネットワーク工学,電気電子工学,数理・データサイエンスの専門分野の基礎知識を身に付けるための系科目を提供します。 情報・電気・数理データサイエンス系では,広範囲な分野の専門的技術を学生の興味に応じて系統的 に修得できるように,「情報工学コース」,「ネットワーク工学コース」,「エネルギー・エレクトロニク スコース」,「数理データサイエンスコース」の4つの教育カリキュラムを設定しています。2・3年 次には,情報知能工学,通信ネットワーク工学,電気電子工学,数理・データサイエンスの各分野における諸問題を発見・把握し,的確に理解する能力を身に付けるために,コース専門科目として専門性の高い講義や実験,演習科目を提供します。さらに,4年次の特別研究では,3年次までに修得した基礎知識や専門知識を実際に用いて課題解決に取り組むことで,実践的な人材養成を行います。

求める人材

  1. 人間社会と自然界の調和などの多様な問題に対して強い関心を持ち,持続可能な社会の実現に貢献したいと考えている人
  2. 自ら好奇心を持って学習し,科学技術の発展とイノベーションの創出に主体的に取り組む意欲を持っている人
  3. 様々な分野の人と積極的にコミュニケーションを図り,互いに協力しながら創造的・計画的に行動できる人
  4. 高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を持つとともに,工学部における学習に関連する教科(数学,理科,外国語)に関する理解力と論理的思考による応用力を備えている人

工学部共通の上記の項目に加え,情報・電気・数理データサイエンス系では情報知能工学,通信ネットワーク工学,電気電子工学,数理・データサイエンスに興味を持ち,数学,理科,外国語の基礎学力を有し,科学や技術の発展と社会に貢献する意欲を持った人を期待します。

PAGE TOP